靴 鞄 修理 クリーニング

 靴 鞄 修理 クリーニング
鞄の修理料金表 靴 鞄 修理 クリーニング
かばんリペア参考価格 
※2014年4月1日より価格改定しております。表示価格に消費税8%がかかります。
修理内容   料金
ファスナー修理 スライダー(YKK) 1,000~
スライダー(大) 1,200~
スライダー取手付替 500~
ファスナー取替え
(エレメント・テープが傷んでいる場合)
  お見積り
ほつれ 3cm程度 1,000~
マグネット替え(取付け)   2,000~
ホック取替え   1,500~
キズ修理 1cm程度 500~
肩ひもカット   1,000~2,000
肩ひも・取っ手取替え   お見積り
裏地張替え   お見積り
  • かばんの修理につきましては、部品や素材により価格が変動します。お見積りにより価格決定致します。
  • 修理の場合、似たタイプの部品を使用するため、元通りにはなりません。
  • はじめについていた資材と同じものでの修理はお受けできません。
    (バッグの状態や種類によってはお受けできない場合がございますのでご了承下さい。)
  • 修理の内容によっては時間がかかる修理がございます。
  • 金具やゴム等に交換の場合同じ形状や色で出来ない場合がございます。
 靴 鞄 修理 クリーニング

鞄の修理料金表 靴 鞄 修理 クリーニング

かばんクリーニング、カラーリング価格表

※2014年4月1日より価格改定しております。表示価格に消費税8%がかかります。

種類 クリーニング クリーニング+部分塗装 クリーニング+全塗装
財布 1,000 2,000 3,000
長財布 1,500 2,500 4,000
A5サイズ 2,000 3,500 6,000
A4サイズ 3,000 4,500 8,000
B4サイズ 4,000 6,000 10,000
A3サイズ 5,000 7,000 15,000
ボストンサイズ 7,000 9,000 お見積り
オプション
ブランドクリーニング 1,500
*サイズは、縦・横・マチの合計です。

 靴 鞄 修理 クリーニングかばんクリーニングについて
  • 鞄のクリーニングには、除菌、表面のツヤ出しがセットになっています。
  • 塗装の場合、多少の色彩・風合いが変わる可能性があります。
  • 修理の場合、似たタイプの部品を使用するため、元通りにはなりません。

  • 高価なお品物、特殊なお品物はお申し出下さい。
  • 当社の提供するバッククリーニングは、独自開発した皮革専用洗剤と乾燥機を使用したオリジナルメニューです。
  • 皮革表面の汚れを落とすことを目的とするもので、革の切りキズや破損、素材の劣化を元に戻すものではありません。
    ・バックは型崩れ防止用の厚紙が使われていることから、靴のように洗浄液に浸けることはできません。「浸け込み」以外の方法でクリーニングを施します。
  • 表面、裏面ともクリーニングを施しますが、合成皮革素材等、クリーニングにより劣化が進む可能性の高い素材や、布素材等、当社の使用する皮革洗剤ではクリーニング効果が低いと考えられる時にはお断りする場合がございます。
    ・合成皮革やエナメル等、劣化による表面、内側のベタつきは除去することはできません。
    ・エナメル素材の場合、コーティング加工の下にあるシミは落とすことはできません。
    ・スウェード・ヌバック等の起毛革の場合、汚れを落とすために全体的に色が薄くなる場合がございます。
    ・異なる皮革や色を使用したものや、異素材との組み合わせのものは、色が出る場合がございます。
  • 血液、インク、マジック、油、履きシミ等は取り除けません。
    ・シミ隠しが必要な場合にはカラーリングをお勧めします。
    ・クリーニングにより、シミが広がることもあります。(事前にシミの種類をお知らせください)
  • カビが発生してる場合、表面のカビはほとんど除去できますが、カビの痕が残ったり、硬くなっている場合、元には戻りません。
    ・起毛革の場合、発生したカビによって毛が抜けてしまい、斑点のような跡が残ることがあります。
    ・カビの発生は保管状況、使用状況によって異なる為、除菌加工による効果も異なります。
    ・防カビ加工は行いますが、カビの発生は保管状況、使用状況によって異なる為、カビが発生する場合があります。
  • 消臭加工を施しますが、カビ、動物臭等、臭いの種類によっては一度のクリーニングでは残る場合があります。
  • 箱や袋のお預かりはいたしておりません。必要なければお申し出いただければ処分させていただきます。
 靴 鞄 修理 クリーニングかばんカラーリングについて
  • 当社の提供するカラーリングは独自開発した染料/顔料を使用します。
    ・皮革専用染料/顔料ですが、スウェード・ヌバック等の起毛革、エナメルにはカラーリングすることはできません。
    ・また、ナイロン、布地、合成皮革へのカラーリングもできません。
  • 元の素材に合わせ色を調合しますが、まったく同じ色にはなりません。
    ・部分カラーリングの場合、他所と全く同色にはなりません。
  • 素材により若干風合いは変わります。
  • ステッチおよびコバにつきましては、オーダーがある場合を除き塗ることになります。
  • 底部との接着部分、革が巻き込んである場合やベルト等付属品が付いている場合等、部分的に塗れない場合があります。
  • カラーリング部分は擦ったり傷が付いた場合剥がれます。また、保管状況、使用状況によっても剥がれる場合があります。
  • キズや深いしわがある場合、同じところから剥げれる場合がございます。
  • 色の薄い素材の場合、カラーリングでもシミをカバーできない場合があります。